クレカ副業ビジネスって何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、詐欺と副業は紙一重?

詐欺とは無縁のケンパパです。

今日は面白いニュースがあったので深掘りしてみました。

クレカ副業ビジネス、200人提訴へ 投資者に弁済できない見通し

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00000002-asahi-soci

クレカ副業ビジネスって何

調べてみると、若干この副業って言葉が適切か疑問が残ります。

今回のモデルは商品を架空でカード決済で購入してもらって、カードの決済日に購入代金に手数料数パーセントを上乗せして返金する。

って事で簡易な投資詐欺のていですよね。

実際の商品は今回は観光ファームなので、果物やお米、化粧品だったそうです。

購入者に実物が届くのではなく、海外で高く捌くので購入者に数パーセント余分に支払っても利益は充分でると謳って店でしょうね。

告訴されているので実態はそんな事はなく、他ごともしくは、自転車されていたのではないでしょうか?

それでも、もしかしたら綺麗に捌ける出口を見つけていたのか気になるところですが、それは見つけられませんでした。

SNSを駆使

今回の詐欺の被害者の多くが20代から30代の投資に興味がある若者達だったそうです。

同ファームでは、この詐欺とは別に化粧品をカードで購入して画像をInstagramに上げれば、代金の3割を関連会社から、残る7割は買い戻し店から支払う

更に「損せずカードのポイントがたまる

といったSNSを駆使した販売戦略を積極的に行っていました。

まぁ、やってる事はともかく上手ですよね。

大手もそれに近い文言で集客している、今なら若者達も信じてしまう気もします。

今や、SNSは強力な口コミメディアですからね。

個人でも、ツイートやインスタにアップしてくれたら、タダで商品が貰える時代なんですよね。

お金は返ってくるの?

まぁ、返ってこないでしょうね。

ファームが破産手続きされているので、残ってるお金も従業員達が優先されるからね。

側から見たら、なんでこんな詐欺に引っかかるのか理解できないけど、当事者達を信用させるのがうまかったか、戦略や仕掛けが見事だったんでしょうね。

自分のフォローしてる人や、メンター的な人が実際に儲かったって聞いたら軽い気持ちで僕も少しの金額ならやってみようかなって思うのかもしれません。

今回のケースでは何処かでビジネスと詐欺の境界線が見えなくなってしまった気がします。

ネットで副業を考えてる皆さんは詐欺に加担する危険も含んでいる事を知って欲しいと思い今回はこちらの記事を取り上げました。

本当に美味しい話か見分ける目を育てて下さい。

現場からは以上です。

本日もご覧いただきありがとうございました😊

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*