ブログ作成初心のための読者目線の記事の書き方・作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログの記事を読みやすくするためには
読者目線で記事を書いた方が良いよ〜

そう言われてもどんな感じで書いたら良いかわかんないよ〜
読者目線ってどんな感じなの?

ブログ作って間もない頃の初心者の記事って

自分の書きたい事や感想に終始していたり
読者が置き去りの内容になっていたり

結局この記事って何を伝えたかったんだっけ?
ってなりがちですよね

そんなブログ初心者のあなたに
どうやったら読者目線のブログ記事の手法を紹介したいと思います。

読者目線のブログ記事の作り方

  1. 読まれる事を意識したタイトルをつける
  2. 誰に書くかを明確にする
  3. 自分がターゲットになってみる
  4. 小学生でも読めるような文章にする

読まれる事を意識したタイトルをつける

読者さんはせっかちです。
タイトルの内容でまず自分に必要か必要じゃないかを瞬間的に判断します。

タイトルで読者さんにとって何が身につくのかを感じれるタイトルをつけて下さい。

もちろんSEO対策を意識する必要がありますが、あまりにもSEO対策を意識しすぎたタイトルをつけてしまうと、せっかく来てくれた読者さんをガッカリさせてしまう事になります。

誰に書くかを明確にする

まず最初にすることは記事を書くまえに、
この記事を誰に伝えたいかを明確にしていきましょう

実際に友達の山田君に説明するように文章を作っていく事で
自然と読者目線の構成と記事が出来上がっていきます

ターゲットを明確にしないで記事を作成すると、
伝えたい事の幅が広がってしまい曖昧な文章に陥りがちになります

主語をターゲットさんにする事でよりターゲットを意識でき、読者さんにとっても「あっ自分みたいなヒトのための記事なのかも」と思って貰える記事になっていきます

LIQUID SPEECH BALLOON
簡単に吹き出しを挿入できるからオススメだよ
wordpressを使ってるなら使ってみてね⭐️

自分がターゲットになりきる

読者目線の記事を書く上で、1番簡単なのはリポートしにいくことや、自分で実際に体験することや、本当に悩みを抱えているヒトと一緒に記事を書いていく事です。

ですが、なかなか相手を探すのも大変なので、
手取り速いのは自分が伝えたい相手になり切る事です。

ターゲットになりきった場合以下のような事を具体的に考えてみるんです。

どんな事で困っているのか
どんな解決方法を探しているか
何で探しているか
どんな状況なので必要になるのか
どんな解決方法なら動いてみようか
実際にやってみるとどんな感想を持つのか

これを実践してみてください。

思った以上に記事がターゲットに寄り添った
読者目線の記事に変貌している事を保証します。

小学生にも読める文章にする

記事の書き方も工夫すると、もっと読者目線で
スラスラと読みやすい文章になりますよ。

小学生でも読めるような文章を書くことができれば、
読者から高い評価を得ることができるのも事実です。

専門用語を使っている方がカッコ良くてこのライター頭良さそう!

って思われたいかもしれませんが、
ブランディングでおこなう場合以外は辞めておいた方が賢明です。

SEO対策用のキーワードは難しくてもそのままの言葉で使ってくださいね

シンプル イズ ザ ベスト!
読者さんが求めているのって、読者にとっての問題解決

読者さんの性質はせっかちさんって事を覚えておきましょう!

ブログ記事をスラスラ読めて内容をすぐに理解できて、自分に役立つかをどれだけ早く感じさせれるかどうかが重要なんです。

専門書を開いた時の威圧感を読者は求めていない事を覚えておいて下さい。

まとめ

友達に教えてあげる時の感覚で記事を作ったら良いんだね。

そうなんだよ。特に重要なのは、明確にターゲットをイメージすると読者目線の記事に自然となってくるんだよ

少しは参考になりましたでしょうか?

ブログを書き始めて間もない方や、なかなかアクセスが増えてこなくてお悩みの方へ少しでも役に立つ情報をお届けしています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA